小銭入れの基礎知識

小銭入れを持つメリット・デメリットを解説!私が小銭入れを使う理由

「小銭入れを持つメリットって何?」
「財布に小銭入れがついているのに、わざわざ別で持ち歩く必要性ある?」
「長財布と使い分けたり、別で持ち歩くのは面倒じゃない?お会計のときは?」
「小銭入れを併用する人ってどういう考え方してるの?」

初めて小銭入れを持とうか迷っている人が最初に悩む問題だと思います。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

小銭入れについての私の考えと、知人やインターネット上の意見をまとめ、小銭入れを持つことのメリット・デメリットをなるべくわかりやすく解説します!

悩んでいる方へ、少しでも参考になれば幸いです。

小銭入れを持つことのデメリット

まず、財布と小銭入れを別で持つことのデメリットを見てみましょう。

お会計のとき、両方出さなくてはいけない

財布に小銭もまとめて入れている場合は財布だけ出せば済みますが、財布と小銭入れを分けて持つと、小銭を出すために「小銭入れを出す」という一手間が増えます

小銭入れオタク
小銭入れオタク

特に男性は、支払い時に財布を二つも出すなんてスマートじゃないからという理由で小銭入れを持たない人もいます。

お会計のときに財布と小銭入れ、二つも出すのはめんどくさいし絶対嫌!というこだわりのある方は小銭入れは諦めたほうがいいかもしれません。

ただ、実際使ってみたらそこまで面倒じゃなかったなんてこともあり得ますので、一度使ってみてから判断してもいいかもしれませんね。

財布と小銭入れの出し入れがめんどう

両方出すのがめんどうなら、片方ずつ順番に出せばいいんじゃないの?ということも考えますが、それもめんどうですよね。

よくデメリットとして言われているのがこれで、お会計のとき、長財布を出してお札を出す、長財布を鞄にしまって小銭入れを出して小銭を出す、小銭がなければ、ふたたび長財布を出してお札を出す、お釣りをもらって長財布と小銭入れそれぞれにおさめる、両方鞄にしまう。という作業をしなければいけない可能性があります。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

これじゃ時間もかかるしめんどくさいし小銭入れなんか持ちたくない!となってしまう気持ちはわかります。

しかしこれだけはちょっと反論させてください!いろんなサイトで、小銭入れのデメリットとして、財布と小銭入れの出し入れ問題が取り上げられていますが、これはそもそもが間違っています。

小銭入れをちゃんと使えている人は、お会計のとき、まず小銭入れから出します。

そして出せる小銭だけ出したあと、足りなければ長財布(私の場合はマネークリップです)からお札を出し、お釣りをもらって鞄にしまいます。

小銭入れの小銭だけで足りる場合はそもそも長財布を出す必要がありません。これってとてもスマートじゃないですか?

なので長財布と小銭入れを出し入れしてしまう人はおそらく、両方をちゃんと使いこなせていないんじゃないかなーなんて思います。

残金を把握する必要はないです。小銭入れをメインで使うという意識が習慣づくと、とてもスマートなお会計ができます。

そもそも小銭入れにある程度のお札を入れている人もいますし、今はキャッシュレスの大きいお会計はカードで済ませてしまうという人もいるでしょう。

今は特にいろんなタイプの小銭入れがありますので、使い方は人それぞれ、そしてメリット・デメリットも人それぞれ違うのかもしれません。

小銭入れを形(タイプ)で選びたい人はこちらが参考になるかもしれません。

【保存版】小銭入れの選び方|種類・価格・ブランド・革・機能

小銭入れが鞄の中で行方不明になる

このような意見も見かけましたが、これはどうなんでしょう?女性のように鞄の中にいろんなものを入れている場合はわからなくなったりするのでしょうか。

男性はあまり大きなカバンを持ち歩く人って少ないですし、あまり関係ないかもしれません。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

私はほとんど荷物は持ち歩かないので鞄を開けるとすぐに出せる場所に小銭入れが見つかります。ポケットにも入りますよね。

長財布は大きいから見つけやすいけど、小銭入れは小さいから見つけにくいということでしょうか。

これはもう鞄を整理してくださいとしか言えないですが・・・

女性は「カバンに財布が入る、入らない問題」を常に意識されているようですが、「小銭入れ行方不明問題」を心配している人は少ないんじゃないかな、と勝手に想像しています。

小銭入れの分だけかさばる

これも当たり前のことですが、小銭入れをもつとその分だけかさばります。

ただ、財布に小銭が入っていないので、財布は少し薄くなります。長財布ひとつ分しか入らないショルダーバッグや小さい鞄を使っているなら、もしかすると小銭入れが入らない可能性もあります。

小銭入れを使うために、お気に入りの鞄を変えなくてはいけないのであれば、それは立派な(?)デメリットでしょう。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

いつも使っている鞄にすんなり入るなら、気にしなくてもよさそうです。

重さがデメリットになることはないと思いますが、だいたいの重さをまとめてみました。ココマイスターの本革小銭入れを参考にしています。

一番重たいラウンドファスナータイプでも卵1個分の重さです。こうして見ると、ランチやコンビニに行くのに、長財布だと重たいけど小銭入れなら軽くて便利だということがわかります。

そもそも財布で事足りている

こんな意見もありました。そもそも財布ひとつで事足りているので、小銭入れを持つ必要性が感じられない。

これは確かにそうかもしれません。わざわざ小銭を分けなくても、財布に小銭も入るし一つにまとまっていたほうが便利です。ランチやコンビニなどに行くときも、「長財布は重たくて不便」とは思わないという方もいらっしゃるでしょう。

小銭入れを持つことのメリット

ではそんなデメリットを補うメリットが、どれだけ小銭入れにあるのか、小銭入れのポテンシャルを見ていきたいと思います。

お会計がスマートに済ませられる

これはデメリットにもあがっていましたが、まさに使う人次第です。使う人によってスマートにもなるし、時間がかかってしまうこともあります。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

私の場合はある程度の金額を予想してあらかじめ小銭入れを用意しておくので、ささっと現金を出してスマートにお会計ができていると思っています。

長財布に入っている小銭を探すよりも、小銭入れに入っている小銭を探すほうが断然早いです。

小銭入れから小銭を出すのに時間がかかると言う意見もありましたが、時間がかかる人は、おそらく長財布にしても時間がかかりますよね。

なのでこれはデメリットにはならず、むしろ慣れたときの小銭を出す速さは小銭入れが勝るはずなので、メリットと考えて良いかと思います。

さらに、お会計を小銭入れだけで済ませることができた場合はこちらの方が圧倒的にスマートですよね。

財布が長持ちする

小銭入れを持つことの一番のメリットがこちら。小銭を分けてもつことによって、財布が長持ちします。

長持ちするというよりは、財布に小銭を入れることによって財布の寿命がかなり短くなります。これは革財布に限らずどんな財布でもそうだと思います。

一番大きな要因は型崩れです。日本では特にお札よりも小銭の種類が多いので、どうしても枚数が増えてしまいますが、財布に小銭をたくさん入れるとそれだけ財布は太くなりますし、小銭が当たっている部分だけ変形してしまうこともあります。

もうひとつの要因は、使用頻度です。小銭入れを持つほうが、財布を使う頻度が低くなります。例えば靴も同じで、同じ靴ばっかり履いているとすぐに寿命がきてしまいますが、2,3足をまわして履いていると1足ごとの寿命がかなり伸びます。財布も同じで、お札を出すときも小銭を出すときもずっと同じ財布を使っているより、小銭は小銭入れから出して使用頻度を分散させてあげたほうが、財布の寿命も長くなります。

小銭入れコラム|雨にも負けず本革の小銭入れを使う男
こんにちは、小銭入れオタクの古院 恵介です。 私は出かけるときはいつも、「小銭入れがついていないタイプの長財布(カード、札入れ)」と、...

被害にあったときに損害が少なくなる

私は経験がないのでわかりませんが、こんな意見もありました。例えば財布を盗まれたとき、財布しか持っていなかったらすべて失うことになります。小銭入れを分けていれば、少なくとも小銭は手元に残るだろうという考え方です。

財布を落としてしまったときも同じように、財布しか持っていなかった場合、帰りの電車賃もなくなってしまう可能性があります。

世の中何があるかわかりませんから、リスクの分散という意味でも、小銭入れを持つほうがメリットになるようです。近所のコンビニにちょっと買い物に行くのにクレジットカードやら運転免許証やら全部持って行くのは少し危険な気もします。

小銭入れを持つことは節約になるのか?キャッシュレスの時代に合わない節約術
こんにちは、小銭入れオタクです。 ペイ(楽天pay、paypay、メルペイ、LINEペイなど)やICカード支払いなど、キャッシュレスが...

革を楽しむことができる

革を楽しみたいなら、小銭入れです!もちろん長財布などでも楽しめますが、長財布を何本も持っている人ってあまりいないと思うんです。長財布は数年に1本あれば十分、多くて2,3本じゃないでしょうか?金額的にも本革の長財布を何本も買える人は多くないかなと思っています。

小銭入れなら長財布よりも価格がかなり抑えられていますので、何本か購入しておいて、その時の服装や気分によって使い分けるということも可能です。つまり、同時にいろんな革を気軽に楽しむことができることが、小銭入れのメリットです。

小銭入れは何本あっても楽しめるものですから、プレゼントにも最適ですよね。

けっして、長財布を否定しているわけではありません!もちろん長財布は長財布で革を楽しむことはできますが、いろんな革を楽しむには少し不向きじゃないかということを言いたかっただけです。ちなみに私も長財布は使っていますし、革の経年変化(エイジング)を楽しんでいます。

小銭入れコラム|本革の小銭入れがプレゼントに最適な理由
こんにちは、小銭入れオタクの古院 恵介です。 私は人に贈り物をするのが好きで、よく雑貨屋さんや百貨店なんかに行って商品を物色しています...
革婚式とは?結婚記念日の意味とおすすめの本革小銭入れ
革婚式とは? 結婚記念日をお祝いするご夫婦はたくさんいらっしゃるかと思いますが、その結婚記念日が何年目の記念日なのかによりそれぞれ名称...

【コラム】私が小銭入れを使う理由

人には様々な生活スタイルがあり、財布に関しても同じように十人十色、様々な組み合わせや使い方があります。

例えば、

  • 長財布ひとつで生活するスタイル
  • 長財布と小銭入れを一緒に持つスタイル
  • 二つ折り財布と小銭入れ
  • マネークリップと小銭入れ
  • 小銭入れひとつで生活するスタイル

などがあると思います。

私の場合、小銭入れがついていないタイプの長財布と小銭入れを一緒に持って出かけることが多いです。カードもたくさん入りますし、特に不便と感じたことはありません。

少し前まではマネークリップと小銭入れを組み合わせて持っていましたし、さらに昔にさかのぼって小銭入れだけで生活していたこともありました。

なぜそこまで小銭入れにこだわって使っているのかと聞かれれば、単純に本革の小銭入れが好きだからです。

小銭入れを使う理由として、長財布が長持ちするとか、金運があがるからとか、いろんな理由が思い浮かびますが、私が小銭入れを使う理由はコレひとつだけです。

逆に小銭入れを使わないと、いろいろと不便なことがありませんか?

メインになる財布が小銭で型崩れしてしまったり、そのせいで寿命が短くなることも考えられます。もちろん小銭入れよりもメインの財布のほうが価格も高いでしょうから、メインの財布は小銭で汚れても簡単に買い替えはできません。

小銭入れを使わない人はやっぱり使い分けが面倒だから、小銭入れを持たないんでしょうか?

メインの財布が小銭で汚れてしまったり、型崩れしてしまっても、いつでも買い替えられるから小銭入れを持たないんでしょうか?

それってやっぱり環境にも悪いですし、ちょっと悲しい気もします。

小銭入れなんて持ったことない。財布の寿命が延びるなんて知らなかった。という方は是非一度、財布と一緒に小銭入れを使ってみてください。もちろん安い小銭入れで大丈夫です。2,000円ほどでしっかり使える小銭入れはいくらでもあります。

ずっと使っていると、それにどんどん慣れてきて、面倒だなんて思わなくなります。中にはやっぱり使い分けは面倒だし一緒になっているほうがいいという方もいらっしゃるかと思いますが、一度は使ってみないとわからないことです。

最後に、お札を札入れに、小銭を小銭入れに、カードをカードケースに、分けて持つ人を見たことがありますが、あれは少しめんどくさそうだなと感じたことがあります。私の場合札入れにカードも入ってしまうのでカードケースは持たないのですが、やっぱりそれも使って慣れてくると便利だと感じるようになるのでしょうか。いずれ試してみたいとは思いますが、私の場合そこまで入れるカードがないかもしれません。

小銭入れを持つメリットとデメリット – まとめ

私はもちろん小銭入れを持つ派ですのでどうしても意見がかたよってしまいますが、なるべく公平になるよう考察してみました。

しかしこうやって改めて考えてみても、本革の小銭入れに限らず、小銭入れは持っておいたほうがメリットのほうが多そうです。そして特に男性なら、本革の小銭入れを持つことによって男としてのレベルが上がるのではないかと思っています。長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました