abrAsus 画像付き詳細レビュー

【評価】アブラサス(abrAsus)小さい財布ブッテーロ レザー エディション|高い機能性を実現

アブラサス(abrAsus )は、「バリューイノベーション株式会社」が運営するwebストア「SUPERCLASSIC」が2009年にスタートした、小物ブランドです。

アブラサスは創業から歴史が浅いにもかかわらず、楽天やamazonなどの通販サイトで高い人気を誇り、展開する「薄い財布」「小さい財布」はGOOD DESIGNE AWARDを受賞した実績もあります。

また、ブランド名のアブラサスはラテン語で「削り取る」の意を持ち、「ミニマリスト」に向けた無駄を削ぎ落としたアイテムを数多く展開しています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

今回は、そんなアブラサスから発売されている小銭入れ「小さい財布ブッテロレザーエディション」をレビューしていきます。

小銭入れオタクからみた「クオリティー・機能性・デザイン性・コストパフォーマンス」の評価を詳しくレビューしていきますので、是非小銭入れを購入する際の参考にしてみて下さい!

小さい財布ブッテロレザーエディションのプロフィール

まずは、小さい財布ブッテロレザーエディションのプロフィールを紹介していきます。

アブラサス(abrAsus )/ 小さい財布ブッテロレザーエディション

極限まで無駄を削ぎ落とし必要最低限の機能を備えた、小さなボディーの小銭入れ。イタリアの老舗タンナーで鞣される高級ヌメ革「ブッテーロ」を素材に、日本の革職人によって一点一点手作業で仕上げられている。

価格14,800円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②2つ折り小銭入れ/ お札を折らずに収納可能/ 極小サイズ
機能

小銭入れ×1 内部にカードポケット×1 札入れポケット×1

素材

外装:イタリア産ブッテーロレザー

内装:コットン基布ウレタン加工

カラーキャメル/ブラック/レッド/ブルー/グリーン
ブランド / 商品名

アブラサス(abrAsus )/小さい財布ブッテロレザーエディション

公式サイトを見る

色展開

色展開は「キャメル/ブラック/レッド/ブルー/グリーン」の5色展開です。

上品なツヤ感の「ブッテーロ」を素材に採用しており、どの色も高級感溢れる仕上がりになっています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

個人的な推しはグリーンです!使い込んでいくと、ツヤ感が増してよりエレガントな雰囲気に変化していくエイジングを楽しめます。スーツの差し色にもおすすめです!

内部は、表面と色味に近いテキスタイルが採用されています。ステッチ部分も各色同系色で合わされており、ワントーンでまとめられています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

極力厚みを減らすために、内部素材はテキスタイルが採用されているようです。素材のブッテーロは裏面も美しい素材なので少し残念な点です。

小さい財布ブッテロレザーエディションのディティール

素材には、イタリアフィレンツェ地方にあるワラビエ社で生産される「ブッテーロ」が採用されています。

マットな光沢感とナチュラルな質感が特徴的で、染料仕上げのみでフィニッシュされている為、牛が生前つけたキズやシワがそのまま残されています。

拡大すると、表面には繊細なシボがある事がわかります。このシボ目が光を反射して、マットな光沢感を醸し出しています。

牛が生前つけた傷跡は、トラとも呼ばれており染料の下に薄っすらと見えるのが特徴的です。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

革の特性上革の細かな表情はバラツキがあります。ここは好き好みが分かれる点です。実店舗が少ないため、店頭で革を選べないのが残念な点です。

開閉部はホック式が採用されています。中身を入れすぎると閉まらなくなるため、注意が必要です。

小さい財布ブッテロレザーエディションの収納・サイズ

小さい財布ブッテロレザーエディションの収納とサイズを下記の表にまとめました。

ここからは詳細を写真付きで詳しく解説していきます。

収納
表面:なし 内部:小銭入れ×1 カードポケット×1 札入れポケット×1

サイズ・重量

厚さ重量
6cm9cm1cm32g

内部素材のテキスタイルは、綿の上に薄いポリウレタンを張り合わせた素材です。

「耐久テストの為3年間使用しても内部の剥がれは見られない」と販売スタッフの書き込みもあり、耐久性は信頼できそう。

 

内部は、お札を折りたたまずに収納可能な設計を採用しています。

開いた時の全長は19.3cmです。開閉部分のあそびのみを残して、ピッタリとお札が収まる形状です。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

お札は、10枚は余裕で入るサイズ感です。小銭入れでお札を畳まずに収納可能なのは、なかなか革新的な設計と言えるのではないでしょうか。

上の写真にあるハトメとは、ヒモを通す穴の補強やアクセントに用いる金具の事です。2mmのハトメが備わっている為、ストラップをつければ鍵を取り付ける事も可能です。

真ん中には小さな小銭入れポケットが備わっています。収容容量はコイン10枚ほど(500円玉がなければ12〜13枚)です。

蓋が無いため、中身がこぼれやすいのが少し難点です。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

ミニマリストに向けた財布なので、小銭を沢山持ち運ぶ方には向きません。収納は、必要最低限のみと考えたほうが良いでしょう。

折りたたんだときのサイズは、カードに限りなく近いサイズになっています。

片手にピタリと収まるサイズ感で、シャツの胸ポケットにも余裕で収まる抜群の持ち運びやすさが魅力的です。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

小さい財布ブッテロレザーエディションは、世界一小さい財布をキャッチコピーとしています。機能性を保ちながらこのサイズ感を実現しているのは高く評価できます。

厚みを減らす為、折部分のゆとりを削った設計を採用しています。

しかし、ただ単に削るのみだと開閉がしにくく内部のゆとりも無くなるため、接続パーツを設ける設計を採用しています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

ちなみに、この構造は既にアブラサスが特許を取得しているそうです。「折り」を得意とする日本人ならではの革新的な発想と言えます。

カードポケットは10枚入る大容量設計になっています。カード会計がメインのミニマリストの方には嬉しい設計です。

ポケット部分は、カードが取り出しやすいよう切り込みが入れられており、スムーズに取り出せる設計になっています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

スライド式でカードを取り出す設計の為、必要なカードが下にある場合は一度全て取り出す必要があります。カードが多い方には少し使いづらい設計です。

出典:https://www.kutsu-keinenhenka.com

日本製のハンドメイドですが、品質には少々バラツキがあるようです。

縫製部分を拡大すると、留めの部分が甘く少々ステッチのガタツキが見られます。

購入者のレビューでも、ステッチのガタツキを挙げる声もいくつか見られました。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

返品交換には対応しているようなので、今後改善される事が期待できます。

公式サイトを見る

小さい財布ブッテロレザーエディションの総評

アブラサス(abrAsus )/ 小さい財布ブッテロレザーエディション

極限まで無駄を削ぎ落とし必要最低限の機能を備えた、小さなボディーの小銭入れ。イタリアの老舗タンナーで鞣される高級ヌメ革「ブッテーロ」を素材に、日本の革職人によって一点一点手作業で仕上げられている。

価格14,800円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②2つ折り小銭入れ/ お札を折らずに収納可能/ 極小サイズ
機能

小銭入れ×1 内部にカードポケット×1 札入れポケット×1

素材

外装:イタリア産ブッテーロレザー

内装:コットン基布ウレタン加工

カラーキャメル/ブラック/レッド/ブルー/グリーン
ブランド / 商品名

アブラサス(abrAsus )/小さい財布ブッテロレザーエディション

デザイン性★★★☆☆
クオリティー★★☆☆☆
機能性★★★★★
コストパフォーマンス★★☆☆☆

公式サイトを見る

機能性は、ミニマリストの方に最適なコンパクト設計で、会計に必要な機能もしっかりと備わっている点から星5とさせていただきました。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

非常にコンパクトなサイズ感で、他に類を見ないコンパクトな小銭入れと言えます。「小銭入れ・カードポケット・お札入れ」が備わっており、ミニマリストの方に自信を持っておおすすめできます。

デザイン性は、非常にシンプルで個性がないといった点から敢えて星3とさせて頂きました。

クオリティーは、縫製や品質のバラツキが目立つといった点から星2と厳しく評価しています。品質チェック少々が甘いと言えるでしょう。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

しかし、年々知名度が上がっているブランドでもあるので今後の改善が期待できます。品質に不満を感じた方に対して、返品交換対応をしているのも好印象です。

コストパフォーマンスは、「まだまだマイナーブランドである・品質にばらつきがある」といった点から、星2とさせて頂いています。

マイナス点もいくつかありますが、総合的に見ると、「小さい財布ブッテロレザーエディション」は機能性が高く評価できるミニマリストにおすすめの小銭入れと言えます。

とにかくコンパクトでメインの財布として使用できる小銭入れを探している方は、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました