ブランドで選ぶ

アブラサス(abrAsus)のおすすめ財布5選を徹底レビュー|小銭入れオタクはどう見る?

小銭入れオタク
小銭入れオタク

こんにちは、小銭入れオタクです!

みなさん、アブラサス(abrAsus)を知っていますか?

日本の会社「バリューイノベーション株式会社」が展開しているブランドで、商品は「SUPERSUPERCLASIC」で販売されています。

「abrAsus」はラテン語で「削ぎ落とす」の意で、展開するアイテムの特徴から名づけられています。

アブラサスは「小ささ・薄さ」など、持ち運びやすさを財布に求めてる方はハズせないブランドで、知名度こそ低いものの、

実は一部の層からカルト的な人気を誇っており、アブラサスの新作が公開されると数時間で完売するほど。

今回はそんなアブラサスの小銭入れ・財布の特徴と、特におすすめの小銭入れ5種類を厳選してご紹介させていただきます!

僕が本気で厳選した最強の小銭入れランキングはこちら↓↓
⇒「【2021年最新】本革メンズ小銭入れおすすめランキングTOP10

独自の価値観を反映したミニマムデザイン

アブラサスは、物を極力持たない「ミニマリスト」に向けた独自のミニマムデザインを採用しています。

アブラサスのブランドコンセプトをざっくりまとめると下記のとおりです。

  • 本当に必要なものだけを身につける
  • 市場ありきのモノづくりは行わない。「自分たちが欲しい物」のみを作る

このブランドコンセプトを実際に形にするとどうなるのかは、展開されている「小さい小銭入れ」を例に挙げるとわかりやすいかと思います。

小銭の収納力は999円のみと、かなり割り切った設計を採用しています。

使い手をかなり選びますが、裏を返せば「万人受けこそしないが刺さる人には刺さる」といえます。

こうした尖ったデザイン設計に、アブラサスのアイデンティティが強く現れています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

まさに、独自の価値観を反映したミニマム設計といえますね。

日本人の知恵と技術が詰まった生産体制

アブラサスのアイテムは、「日本人のデザイナー×日本の職人」のタッグによって形にされています。

画像は、バリューイノベーション株式会社が特許が取得している「薄い財布」の図面です。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

ぱっとみるだけでも、いかに複雑な構造を採用しているかがわかりますね。

図面を考えたデザイナーもすごいですが、熟練の職人の「勘と技」がなければこの世に生み出されていなかったでしょう。

まさに、日本人の知恵と技術詰まった生産体制といえます。

abrAsusのおすすめアイテム5選

 小さい財布ブッテロレザーエディション

その名の通り、とにかく小さなサイズ感が特徴的。畳んだ時の「タテ6 cm×横9cm」の極小ボディーに「お札・小銭・カード・鍵」が収まるのは本当に驚き。イタリアの高級ヌメ革「ブッテーロ」を採用しており、エイジングも期待できる。

価格14,800円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②2つ折り小銭入れ/ お札を折らずに収納可能/ 極小サイズ
機能

小銭入れ×1 内部にカードポケット×1 札入れポケット×1

素材

外装:イタリア産ブッテーロレザー

内装:コットン基布ウレタン加工

カラーキャメル/ブラック/レッド/ブルー/グリーン
ブランド / 商品名

アブラサス(abrAsus )/小さい財布ブッテロレザーエディション

公式サイトを見る

詳細レビューを見る

 薄い財布×Orobianco 代表デザイナー監修モデル

薄さに特化した形状に「お札・小銭・カード・鍵」の収納を備えた設計。開いた時にひと目で全体を見渡せるのが魅力的。オロビアンコとのコラボモデルで、目を引く色使いがエレガント。

価格17,300円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②コンパクト財布/ お札を折らずに収納/ 極薄設計
機能

お札入れ×1 小銭入れ×1 カードポケット×1 隠しポケット×1

素材

外装:国産牛革

内装:綿基布 PU コーティング生地

カラーチョコ/オレンジ/ベージュ
ブランド / 商品名

アブラサス(abrAsus )/薄い財布 Orobianco 代表デザイナー監修

公式サイトを見る

詳細レビューを見る

 

キャッシュレス財布

アブラサスの中でも現金の収納を最も削ぎ落としており、入るのは「お札」のみ。鍵・カードも収まるので、ボックス型の小銭入れなどと相性が良い。

価格15,000円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②

キャッシュレス財布/削ぎ落とした機能設計 / 極薄サイズ

機能

カードポケット×1 キーポケット×1 お札入れ×1

素材

外装:イタリア産ブッテーロレザー

内装:綿基布 PU コーティング生地

カラーブラック/キャメル/レッド/ブルー/グリーン
ブランド / 商品名

アブラサス(abrAsus )/キャッシュレス財布

公式サイトを見る

詳細レビュー見る

 

小さい小銭入れ

キーホルダーとしても活用可能な小銭入れ。4つ折りでお札も収納可能で、緊急時の財布としても活躍が期待できる。素材にはガラスレザーが採用されており、ツヤ感となめらかな質感が魅力的。

価格6,100円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②コンパクト小銭入れ/ キーケース機能/ 極小サイズ
機能

お札入れ×1 小銭入れ×1 二重リング

素材

外装:国産アンティックガラス牛革

内装:綿基布 PU コーティング生地

カラーブラック/ブルー/キャメル/チョコ/ボルドー/ イエロー/ダークグリーン
ブランド / 商品名

アブラサス(abrAsus )/小さい小銭入れ

公式サイトを見る

詳細レビューを見る

 

旅行財布

開いた時には、横幅19cmの長財布へと変形する折り財布。実は畳んだ時の幅は薄い財布とほとんど変わらず、縦・横9.4cmと非常にコンパクト。

価格9,900円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②

コンパクト財布/ 長財布・2つ折りに変形/ 極薄サイズ

機能

カードポケット×2 ポケット×2

素材

外装:天然牛革

内装:コットン100%

カラーネイビー/チョコ/キャメル/チリレッド/ブラック
ブランド / 商品名

アブラサス(abrAsus )/旅行財布

 

公式サイトを見る

詳細レビュー見る

 

サイズ・機能比較

各シリーズの特徴を下記の表にまとめました。

シリーズ小銭収納お札収納カード収納鍵収納サイズ収納力
小さい財布縦6cm×横9cm 厚み1cm
薄い財布縦9.8cm×横9.5cm 厚み7mm
キャッシュレス財布なし縦9.5cm×横9.5cm 厚み7mm
小さい小銭入れなし縦2.8cm×横9.9cm 厚み2.2cm
旅行財布なし縦9.5cm×横9.5cm 厚み7mm

収納力 

■収納力としては、「小さい財布・薄い財布」の2シリーズはほぼ同じ

必要最低限のモノを持ち運べる機能が備わってるので、アブラサスの財布を初めて使う方にはおすすめ

また、両モデルともお札を折らずに収納できるので、マネークリップのようなスマート感を演出できるのも魅力

 

■キャッシュレス財布は小銭入れなし、小さい財布はカードポケットがありません

2つを組み合わせればコンパクトに現金やカードの持ち運びが可能

もちろん、最低限の現金だけ持ち運びたい方やキャッシュレス派のかたにもおすすめ

 

■中でも収納力が一番高いのは、旅行財布

中身を入れた分だけ厚みは増えますが、畳んだ時の幅はかなりコンパクトなので厚みを気にしない方にはおすすめ

サイズ

■薄い財布・キャッシュレス財布のサイズはほぼ同等で、極薄設計

フルに収納しても厚みが気にならない設計になっているので、パンツの尻ポケットに入れて持ち運びたい方にピッタリ

 

■小さい財布・小さい小銭入れはボディーの小ささに特化

縦幅が抑えられた長方形の設計になっているので、パンツのフロントポケットに入れて持ち運びたい方にピッタリ

 

■旅行財布は折りたたんだ時のサイズが非常にコンパクトなサイズ感

サブバックやクラッチバックなど、小さな鞄に入れて財布を持ち運ぶ方にピッタリ

アブラサスの財布は使いやすい?

独特なミニマム設計を採用しており、使い手をかなり選ぶアブラサスの財布。

実際に使っている人や購入者の声が気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで、インターネットにある口コミを探り、いくつかピックアップしてみました。

twitterでの口コミ

twitterでアブラサスの財布の口コミを見ると、割り切った機能に満足している方の声が多くみられました。

アブラサスの財布を購入してからカードを断舎離したり、慣れてクセになってしまったという方の声も。

中には、アブラサスの財布を購入したことをキッカケにミニマリストに興味を持ったという方もいました。

こうした口コミから、「本当に必要なものを身につける」というアブラサスのコンセプトに共感する人が多いことがわかります。

しかし、中には「小銭入れが使いにくい」「収納が足りない」という声も。

やはり、使い手によって感じ方はかなり異なるようです。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

小銭が多い方や、形状をみて使いづらそうと感じた方には向かないかも知れません。

amazonでの購入者レビュー

 

 

amazonでの購入者レビューもチェックしてみました。

全体的に良い口コミが多く、購入後も機能性に満足している方が多いようです。

中には「少ないカードの枚数・現金」のみしか入らないので、「断捨離のキッカケになった」という方の声も。

 

しかし、中には「革の質感・縫製が悪い」「使いにくい」「合理化を追求しすぎたオタクアイテム感がある」といった、厳しい声もありました。

機能面や革の質感は人のとらえ方によりますが、「縫製の甘さ」は気になるところです。

いくつかこうした声が見られたので、品質に少なかららずムラがあるといえるでしょう。

販売サイトに品質に不備があった場合は返品交換に対応すると記載がありますので、気になる方は購入後のチェックをしっかりと行うことをおすすめします。

まとめ

アブラサスの財布はかなり使い手を選びますが、一度使えばクセになる独特な魅力があると言えます。

カードや小銭の収納枚数がかなり限られますが、その分必然的に持ち歩かないクセがつけられます。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

まさに、新たな生活様式を提案する財布といえるでしょう。

キャッシュレスやミニマリストに憧れるかたは、アブラサスの財布をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました