画像付き詳細レビュー

【評価】aniary(アニアリ)01-20014コインケース|キャッシュレス派にピッタリな小銭入れ

aniary(アニアリ)は、素材からパーツといった細部のディティールまで日本製にこだわる日本の革小物ブランドです。

aniaryのメイドインジャパンへかける思いは革小物好きから高く評価されており、展開するアイテムは全て熟練の職人によるハンドメイドで生産されています。

また、アイテムのラインナップも豊富で、デザイン性・クオリティーの高さから幅広い層から支持を集めています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

今回は、そんなaniatyの小銭入れ「01-20014コインケース」を徹底的に評価していきます。

小銭入れオタクからみた、「機能性・デザイン性・コストパフォーマンス」の評価を詳しくレビューしていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

aniary 01-20014コインケースの詳細レビュー

まずは、01-20014コインケースのプロフィールをご紹介していきます。

アニアリ(aniary) / 01-20014 コインケース

アニアリ(aniary),01-20014 コインケース,小銭入れ,コインケース

キメの細かいステアをクローム鞣しにして弾力性が増したウェットブルーを使用。独特なアンティークレザーに目がいきがちですが、ファスナーや金具などのこだわりはさすがアニアリと言いたいところ。

価格11,000円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②L字ファスナー / 薄型(ミニ、コンパクト) / 大きく開く
機能小銭入れ(仕切あり)、カードポケット×2
素材Antique Leather(牛革)
カラーBlack / Dark Orange / Pale Blue / Light Gray / Camel / Dark Brown / Dark Blue
ブランド / 商品名アニアリ(aniary) / 01-20014 コインケース - メンズ
画像付きの詳細はこちら公式ページを見る

色展開

色展開は、「ブラック/ダークオレンジ/ペールブルー/ダークブラウン/ダークブルー/キャメル」の6色展開で、豊富なラインナップから選べます。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

どの色も発色が鮮やかで、コーディネートのアクセントカラーにもぴったりです。黒のスーツには、ダークオレンジをあわせても面白いかも知れません!

内部のライニング

内部のライニング・ファスナーにも各色違いがあります。

詳細を下記の表にまとめておきますので、是非参考にしてみて下さい!

本体の色ファスナー部分迷彩柄ライナーの色

ブラック

シルバー

 

ブラック

ダークブラウン

ゴールド

ブラウン

ダークブルー

ゴールド

ネイビー

ダークオレンジ

シルバー

ブラウン

ペールブルー

シルバー

 

ベージュ

キャメル

シルバー

ベージュ

 

小銭入れオタク
小銭入れオタク

各色個性があって面白いです!チラッと会計の際に迷彩柄が見えるのが、また楽しい仕様です。個人的な推しは、ペールブルーのベージュ迷彩柄ライニングです。色味も表面とマッチしており、カジュアルな迷彩柄なのに不思議と高級感が感じられます!

01-20014コインケースのディティール

 

両サイドにはカードポケットが備わっており、クレジットカードや交通系カードを収納しておくのに最適です。

素材の革はaniary定番の「アンテイークレザー」です。

アンティークレザーはクロームなめしのステアレザーで、しなやかな質感と鮮やかな発色が特徴的です。

カードポケット部分の幅は、カードがすっぽりと収まるサイズになっており、カードをしっかりとホールドしてくれます。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

カードポケットが深めなのは嬉しい設計です。クレジットカードを収納しても、文字が消えて見にくくなることはなさそうです。

カードポケット部分の裏側には、内部と同色の迷彩柄のライニングが採用されています。

ポケット部分の厚みもしっかり取られており、カード2枚であれば余裕で収まります。

サイズは「約W10.5cm×H9.5cm×D1.5cm」です。

マチ無しの薄型の設計になっており、小さなポケットにも収納が可能なサイズ感です。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

薄型の設計は魅力的ですが、その分革が薄いのが少々気になります。素材にステアレザーを採用されている為簡単には破れませんが、厚みのある革を好む方にはあまりおすすめできないかも知れません。

胸ポケットにも余裕でおさまり、持ち運びが便利です。

内部は、小銭入れポケットを挟んで両サイドにお札・カードが収納可能な設計になっています。

小銭入れポケット部分には、外装と同じ素材のアンティークレザーが採用されています。

小銭入れ部分は浅めで、収納力を犠牲にした設計になっていますが、その分中身が取り出しやすい設計になっています。また、ポケットの裏地にテキスタイルが採用されていることで、小銭が裏地に引っかかることなく滑らかに取り出せます。

また、小銭入れ部分を挟んでお札を折らずに収納可能な設計になっており、ファスナーにお札が干渉しない余裕を持ったサイズ感が魅力的です。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

中身が取り出しやすいのは機能的ですが、やはり小銭入れポケットが小さいのは残念な点です。小銭を多く持ち運ぶ方には、少し使いづらいかも知れません。

 

内部の小銭ポケットのライニングには、各色迷彩柄に紛れて「aniary」のロゴが印字されています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

あまりブランドを主張しないのがaniaryのデザイン特徴ですが、実は細かな部分に敢えてロゴを刻印しています。そんな遊び心溢れるディティールも、aniaryの魅力の一つです。

表面には、各色aniaryのロゴが小さく刻印されています。ちなみに、aniaryのブランド名は「An ideal and reality(理想と現実)」を由来としています。

ファスナー部分の生地には、全色同系色の素材が採用されています。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

生地の色味が革とマッチっているので、きれいなワントーンにまとまっています。

01-20014コインケースがおすすめな方

ここからは、01-20014コインケースがおすすめな方について詳しく解説をしていきます。

一個人の意見ですが、小銭入れの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

小銭入れをメインの財布として活用したい方

01-20014コインケースは、カードポケットを表面2箇所に備えており、内部は必要最低限の小銭・お札を持ち運べる設計になっています。

また、運転免許書などをあまり表面に入れておきたくない方は、内部に収納することも可能です。

SNSでの口コミを見てみると、メインの財布として購入した方からの投稿も見られました。

こうした点から、01-20014コインケースは、中身をあまり持ち歩かない方であれば、メインの財布としても活用できる小銭入れと言えます。

使用感の出にくい財布を探している方

01-20014コインケースに採用されているアンティークレザーは、クロームなめしで仕上げられており「色落ち・経年劣化」が起きにくい特徴があります。

また、水や傷にも強く、よほど無茶な使い方をしない限り購入したときの風合いを長く保てるでしょう。

こうした点から、01-20014コインケースは使用感の出にくい財布を探している方にぴったりな小銭入れと言えます。

01-20014コインケースの総評

アニアリ(aniary) / 01-20014 コインケース

アニアリ(aniary),01-20014 コインケース,小銭入れ,コインケース

キメの細かいステアをクローム鞣しにして弾力性が増したウェットブルーを使用。独特なアンティークレザーに目がいきがちですが、ファスナーや金具などのこだわりはさすがアニアリと言いたいところ。

価格11,000円(税込み)
製造・生産国日本
タイプ / 特徴① / 特徴②L字ファスナー / 薄型(ミニ、コンパクト) / 大きく開く
機能小銭入れ(仕切あり)、カードポケット×2
素材Antique Leather(牛革)
カラーBlack / Dark Orange / Pale Blue / Light Gray / Camel / Dark Brown / Dark Blue
ブランド / 商品名アニアリ(aniary) / 01-20014 コインケース - メンズ
画像付きの詳細はこちら公式ページを見る
デザイン性★★★☆☆
クオリティー★★★☆☆
コストパフォーマンス★★★★★

コストパフォーマンスは、「日本製・ハンドメイド」といった点から高く評価させていただきました。

デザイン性は、内部のライニングに迷彩柄が採用されており、好き好みが分かれる為星3とさせて頂いています。

また、クオリティーですが、「小銭入れポケットが小さい・革が少々薄い」といった点から少し厳く評価させて頂きました。

小銭入れオタク
小銭入れオタク

しかし、作りはしっかりしており縫製もきれいに行われているので、「流石日本製だな」と品質の良さは高く評価できます。

01-20014コインケースは、小銭入れポケットが小さいと言ったマイナス点がある為、小銭を沢山持ち歩く方にはあまりおすすめできないかも知れません。

しかし、カードが多く収納可能でお札も折らずに収納可能といった点から、コンパクトウォレットとしておすすめできる小銭入れです。

現金をあまり持ち歩かないキャッシュレス派の方は、是非選択肢の一つに加えてみては如何でしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました